予備校で知られる四谷学院の特徴

四谷学院は、1974年の設立以来約45年もの歴史がある名門校

予備校として名前が知られる四谷学院は、1974年の設立以来約45年もの歴史がある名門校です。
所在地は名前の通り東京都新宿区の四谷にあって、現在はブレーンバンク株式会社が経営を担っています。
元々は英語の才能開発を始めとして、数学の才能開発という名前で教材を制作販売していました。
後に、英語の才能開発は東京都の推薦教材に選ばれ、同校の名前が一躍有名になったといえます。
この教材を開発したのは東大の名誉教授で、一方では数学の才能開発は早稲田大学の名誉教授が担当しています。
教材で一定の成功を収めた同校は、個別指導の教室開校へと進むことになりました。
また更に並行して、現在高認コースと呼ばれる大検コースをスタートさせることで、個別指導校として順調な滑り出しを見せるわけです。
加えて大学受験コースの設置を行い、各種資格の対策講座も通信形式で開講するなど、まさに隙のない多角化を推し進めています。
現在の予備校としての特徴は、大学受験を中心に小中学生向け個別指導塾の提供と、高認取得を目指す高卒認定コースが代表に挙げられます。
他にも、大学生と社会人向けに資格取得の通信講座を提供したり、障がいしゃ児童向けの療育プログラムも運営するほどです。
下は幼児から、上は大学生や社会人もカバーしているので、実に多くの人達にとって頼りになる存在です。

四谷学院は、1974年の設立以来約45年もの歴史がある名門校 : 北海道と東海や関西エリアに、九州・中国地方にも教室を展開 : 沢山の合格者を輩出し、40年以上支持され続けているのも頷ける