予備校で知られる四谷学院の特徴

北海道と東海や関西エリアに、九州・中国地方にも教室を展開

単なる大学受験予備校に留まりませんから、早い段階から成長における教育が必要な場面で、何時でも指導を受けられるのが魅力的です。
東京で生まれた四谷学院は、今では関東地区の他にも、北海道と東海や関西エリアに、九州・中国地方にも教室を展開しています。
全てが高卒生に対応しているわけではないものの、殆どの教室で現役と高卒生に指導を行います。
予備校としては、理解力と解答力の2つをポイントに捉え、進化させることを目的に指導しているのが特徴です。
科目別能力別授業を提供することで理解力を高め、55段階個別指導で解答力を高める仕組みになっています。
この独自性は四谷学院ならではで、一定の成果をあげ一目置かれていることに注目が集まります。
前者は一流講師が分かりやすい授業を行うことによって、効率的に理解力が深まる形です。
逆に後者は、55段階というきめ細やかな個別指導で学習内容が確実に取得できる寸法です。
卒業生による数多くの合格体験記や、設備環境といった豊富な情報が提供されていますから、それだけ集中的に学習して合格が目指せることが分かります。
合格実績は勿論のこと、合格速報に体験記など入学を検討する人が知りたい情報が満載です。
現役合格の体験記もありますし、保護者視点の体験記も提供されているのがポイントです。
中には、ゼロからの大逆転劇も存在していますから、どういった気持ちや状況の変化で合格を勝ち取ったかが理解できます。

一浪予備校からの二浪宅浪はよっぽどの意志がなければやめたほうがいいよ、ソースは受験代を稼ぐ為にバイトしてたら気づいたらフリーターになってたワイ

— 三浪 (@zetubou3rou) 2019年2月22日

四谷学院は、1974年の設立以来約45年もの歴史がある名門校 : 北海道と東海や関西エリアに、九州・中国地方にも教室を展開 : 沢山の合格者を輩出し、40年以上支持され続けているのも頷ける